トミー・コグビル

トミー・コグビル(1932-1982)セッションベーシスト
このアルバムは、社長が持ってこられたアレサ・フランクリン「Lady Soul」1968年ですが、どうしても音が気になって、、音のグルーブ感はドラムとベースにより形成されていますが、このあらゆるジャンルのミュージシャンのレコーディングで活躍したトミー・コグビル、凄く上手くてカッコ良すぎる。

return top